メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

待機児童

県内314人 施設整備進み63人減 丸亀市など4市町、保育士不足で増 /香川

 県は、10月1日現在の待機児童数が314人だったと発表した。施設の整備が進み、前年同日比で63人減ったが、保育士不足で十分な児童を受け入れられていない施設もあるという。特定の施設を希望するなどして定義から外れた「隠れ待機児童」は611人に上った。

 県子ども家庭課によると、県内で2万4344人が入所を申し込み、2万3419人が施設に入った。共働き世帯の増加で入所希望者は増え続け、925人が保育サービスを受けられていない。

 待機児童を市町別にみると、最多の191人だった高松や観音寺など3市は施設整備などの効果で減少した。…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 尾を引く丸山穂高議員の「戦争」発言 問題行動も次々 北海道内外で波紋
  2. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  3. JR北海道 猛暑で運休 レール変形の恐れ
  4. クマの出没、山口県内で相次ぐ 過疎化で生息域管理難航、進出域拡大
  5. ORICON NEWS 岡田准一『白い巨塔』最終話15.2%の高視聴率で幕 5話平均は13.3%

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです