メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

古都駆ける

高校駅伝’18 県勢の顔/上 男子・大分東明 「目標は優勝」選手一丸 /大分

1年前悔しい4位 「3位以内」モチベーションに

 男子第69回、女子第30回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社など主催)が23日、京都市の西京極陸上競技場発着のコースで開かれる。県代表は4年連続でアベック出場する大分東明の男子(8年連続17回目)、女子(4年連続6回目)。両チームの選手たちの意気込みや取り組みを紹介する。【田畠広景】

 近年、都大路への出場は当然視されるようになってきた大分東明男子駅伝部。一昨年と昨年は2回連続で同部過去最高となる全国4位。3位以内の表彰台に上がるまで、あと一歩だ。井上浩監督(56)は「2年前は『うれしい4位』。1年前は『くやしい4位』だった。この1年、『3位以内』をモチベーションにやってきた」と語る。

この記事は有料記事です。

残り787文字(全文1105文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ちびまる子ちゃん」ナレーション交代 キートン山田さん「番組はまだまだ“後半へつづく”」

  2. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  3. 「私が背中向けた段階で言わないで」安倍前首相、「桜」質問にいら立ち

  4. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  5. コロナ交付金で「感染差別根絶の鐘」はあり? 佐賀県議会で激論に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです