メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

戦火のベトナム、脱出した姉妹(その1) 二つの家族の43年

現在のリーさん(左)とエミーさん。サイゴン脱出から43年、米国の「もう一つの家族」とも親密な関係を築いている=米中西部ネブラスカ州で6月、國枝すみれ撮影

 ヘリコプターがぐらりと傾き、ビルの屋上から舞い上がった。かなたに海が見えたのを覚えている。

 ベトナム戦争最末期の1975年4月30日、米国が支援した南ベトナム政府の首都サイゴン(現ホーチミン市)が陥落した。米軍は前日から30日朝までに、米国人ら約7000人をヘリで脱出させた。その中に当時5歳のリー・ニューン・ウィリアムズさん(48)と同3歳のエミー・マイ・グレイさん(47)姉妹がいた。「怖くて、泣き叫んでいた」。今は米国で暮らすリーさんが思い出す。

 姉妹の父は米国人パイロット、母はサイゴンのホテルに勤めるベトナム人だった。救出ヘリが高層ビルに降り…

この記事は有料記事です。

残り437文字(全文714文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 患者の少女にキス 医師を強制わいせつ容疑で逮捕 警視庁

  2. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  3. ソチ五輪銅の平岡選手 ひき逃げ容疑で事情聴取 奈良県警

  4. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです