メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

19年度予算案

新規国債9年連続減へ 預金保険機構から8000億円繰り入れ

 政府は2019年度予算案で、新規国債発行額を前年度(33・7兆円)から減額する方針を固めた。減額は9年連続。一般会計の総額は過去最大の101兆円台に膨らむ見通しだが、税収の増加に加え、預金保険機構が管理する剰余金約8000億円の国庫納付などで税外収入を確保する。

 19年度予算案は、来年10月の消費税増税に伴う経済対策などで一般会計の歳出が当初段階で初めて100兆円の大台を突破する。一方、税収も過去最高の62兆円台半ばとなり、税外収入も18年度(4・9兆円)を上回る見通しだ。そのため、財源の不足分を補う新規国債の発行額は18年度当初予算より減少する。

 税外収入が増加するのは、預金保険機構が管理する剰余金約8000億円を国庫に納付するため。過去に預金…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  2. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕
  3. 羽生結弦が5000人魅了 千葉でアイスショー プルシェンコ、紀平らも華麗に
  4. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」
  5. 「ブレーキ利かなかった」 飯塚元院長を聴取 池袋暴走事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです