メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

19年度予算案

新規国債9年連続減へ 預金保険機構から8000億円繰り入れ

 政府は2019年度予算案で、新規国債発行額を前年度(33・7兆円)から減額する方針を固めた。減額は9年連続。一般会計の総額は過去最大の101兆円台に膨らむ見通しだが、税収の増加に加え、預金保険機構が管理する剰余金約8000億円の国庫納付などで税外収入を確保する。

 19年度予算案は、来年10月の消費税増税に伴う経済対策などで一般会計の歳出が当初段階で初めて100兆円の大台を突破する。一方、税収も過去最高の62兆円台半ばとなり、税外収入も18年度(4・9兆円)を上回る見通しだ。そのため、財源の不足分を補う新規国債の発行額は18年度当初予算より減少する。

 税外収入が増加するのは、預金保険機構が管理する剰余金約8000億円を国庫に納付するため。過去に預金…

この記事は有料記事です。

残り459文字(全文787文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 編集部のよびかけ れいわが主張「消費税廃止」の賛否は

  2. 台風上陸翌日、自転車飲酒運転で警察から聴取→報告せず豪州出張 埼玉県の部長更迭

  3. 天皇陛下、宮中三殿に拝礼 即位の礼を行うことを祖先に報告

  4. 仕込み直前、濁流が酒米襲う 台風19号で被災の酒蔵、復旧進める 栃木

  5. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです