メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

火事から命を守るには? 警報器設置に効果 暖房器具点検も重要=回答・和田浩幸

 なるほドリ 最近、たくさんの人が亡くなる痛ましい住宅火災が立て続けにあったね。

 記者 はい。10月に仙台市で6人、11月に福島県小野町(おのまち)で7人が亡くなり、子供たちも犠牲(ぎせい)になりました=写真・玉城達郎撮影。今月14日にも富山県砺波市(となみし)で4人が亡くなりました。

 Q 外に逃げられなかったの?

 A どちらも出火した原因は分かりませんが、深夜や未明だったので、死者の多くは寝ていた可能性があります。小野町の住宅には火災警報器(けいほうき)がついていませんでした。

この記事は有料記事です。

残り574文字(全文816文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  2. 相模原市の40代病院職員が感染 死亡した女性を看護 外来診療休診

  3. 大規模イベント開催は「主催者の判断」 菅官房長官会見詳報

  4. 相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」 横浜地裁公判

  5. 特集ワイド ホテル不足は終わった? 五輪前の「新型コロナウイルス」痛手

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです