メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フランス

5週連続デモ 大統領「譲歩」後初 参加減、沈静化も

黄色いベストを着て行進する反政権デモの参加者ら=パリで15日、ロイター

 【パリ賀有勇】フランスの反政権運動「黄色いベスト」のデモが15日、5週連続で実施された。マクロン大統領が最低賃金の引き上げなどの「譲歩」を表明してから初のデモ。参加者数は大幅に減少しており、今後、デモが沈静化する可能性がある。

 仏内務省によると、15日午後4時(日本時間16日午前0時)までのデモ参加者は3万3500人で、前回8日の同時刻の7万7000人から半減。パリでの拘束者数も120人と減少している。

 パリでは警察官8000人と共に装甲車や放水車が配備された。凱旋(がいせん)門付近などに集まった参加…

この記事は有料記事です。

残り630文字(全文884文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  3. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  4. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  5. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです