メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
囲碁・将棋スペシャル

囲碁界回顧 井山、試練の1年 AIの浸透、一層進む

本因坊戦第2局、国宝の二条城二の丸御殿で初手を打つ本因坊文裕(手前右)。左は挑戦者の山下敬吾九段=京都市中京区で5月23日、川平愛撮影

 <2018年特選譜より>

 本因坊文裕(29)=井山裕太九段=の2018年は、試練の年として記憶されることになった。

 2月、文裕は第22回LG杯朝鮮日報棋王戦決勝三番勝負に臨んだ。第2局(第1図)の劇的な逆転半目勝ちで、目標の世界一に手が届くかに見えた。だが、最終第3局、早見え早打ち極まる中国の謝爾豪九段(20)に屈した。「世界と戦うには少しでも早く、正確に打たなければならない」と、文裕は課題を挙げた。

 同月、文裕は7冠再制覇などを理由に将棋の羽生善治竜王(48)と共に国民栄誉賞を受賞した。

この記事は有料記事です。

残り1174文字(全文1422文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 米政府、異例の「失望」声明 韓国GSOMIA破棄に改善促す

  4. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです