メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スキー

W杯 ノルディック・ジャンプ女子個人第4戦 高梨、今季最高2位

 【プレマノン(フランス)共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ女子は15日、フランスのプレマノンで個人第4戦(ヒルサイズ=HS90メートル)が行われ、平昌冬季五輪銅メダルの高梨沙羅(クラレ)が87・5メートル、85メートルの合計250・7点で今季最高の2位に入った。

 平昌五輪銀メダルのカタリナ・アルトハウス(ドイツ)が1回目の2位から逆転し、合計260・3点で今季2勝目、通算6勝目を挙げた。

 伊藤有希(土屋ホーム)は10位、岩渕香里(北野建設)は19位、丸山希(明大)は23位。1回目に勢藤優花(北海道ハイテクAC)は33位、岩佐明香(日大)は36位で2回目に進めなかった。

この記事は有料記事です。

残り837文字(全文1136文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック開催判断「期限は5月下旬」IOC委員 新型コロナ感染拡大で

  2. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  3. 新型コロナの影響で旅館が経営破綻 愛知の「冨士見荘」が破産申請 キャンセル相次ぐ

  4. 新型コロナ対応「先手先手だと思いますよ。しっかりやっている」 菅官房長官会見詳報

  5. 強い感染力、基礎疾患で重症化…新型コロナの「非常にやっかい」な特性 政府の課題は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです