メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いただきます

エビフライ×介護の食卓 忘れない、夫の笑顔

イラスト 佐々木悟郎

 夫が口腔(こうくう)底がんの手術を受けて間もない食事だった。体力を取り戻してほしいのに1時間半かけても食べきれない。諦めた姿を見てつい言ってしまった。「どうして食べられないの? わがままだよ」

 出されていたのは薄いおかゆと汁物、そして流動食のおかず。おかずを食べてみたが、おいしくない。「元気になるのは自分にかかっている」。料理研究家のクリコこと保森(やすもり)千枝さん(58)のおいしい介護食作りが始まった。

 電機メーカーで広報を担当していた頃、出版社のスキー旅行に誘われ、3歳年上で記者の章男さんと出会った。意志の強さや優しさに一目ぼれした。2人とも食べることが大好きで友人を呼んでパーティーを開き、国内外のレストランに通った。クリコさんに料理教室を開くよう背中を押したのも、新作を食べて助言するのも章男さんだった。

この記事は有料記事です。

残り659文字(全文1020文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイ首相、改憲手続き表明 臨時国会で デモの早期沈静化図る

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 04年政府文書「首相の任命拒否想定しない」 学術会議、現行の推薦方式導入時に

  4. 札幌で最多46人感染 芸能事務所でクラスター「メンバー体調不良でもイベント」

  5. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです