メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道地震

100日で慰霊式 「誇れる厚真へ復興」

[PR]

 9月に起きた北海道胆振(いぶり)東部地震から100日となる15日、36人が犠牲となった厚真町で、町主催の慰霊式が営まれた。遺族や町民ら577人が参列し、町の犠牲者を悼むとともに復興を誓った。

     町では最大震度7を記録し、北東部の集落を中心に大規模な土砂崩れが発生した。町内には11月末までに応急仮設住宅計153戸が完成。一時は1118人いた避難者は仮設住宅などに移った。

     慰霊式で宮坂尚市朗町長は「地震は、慣れ親しんだふるさとの風景を瞬く間に一変させ、尊い命を奪い去った」と話し、犠牲者全員の名前を読み上げた。「復旧、復興は遠く険しい道のりだが、町民一丸となって、必ず成し遂げたい」と決意を述べた。

     遺族を代表し、両親を亡くした団体職員、畑島武夫さん(57)は「故人もさぞかし無念だったろう。残念でならないが、いつまでも立ち止まっていることを故人も望んでいないと思う。遺志を受け継ぎ、後世にも誇れるふるさと厚真に復興する」と誓った。

     参列した高橋はるみ知事は「道として総力を挙げて復興に取り組む」と追悼した。【福島英博、源馬のぞみ】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

    2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

    3. 堀江「相手が強くてかなわなかった」 ラグビーW杯 日本4強ならず

    4. 「日本はこれから強くなる」リーチ主将 ラグビーW杯 日本4強ならず

    5. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです