メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

追跡

特殊詐欺、AIで防ぐ 佐賀銀ATMで実証実験 「被害者」判別し警告

 人工知能(AI)の技術を活用し、現金自動受払機(ATM)を使った特殊詐欺を未然に防ぐシステムの開発が進んでいる。AIがATMの監視カメラ画像を解析し、被害に遭いそうな利用者に警告する。逆に犯人の可能性がある怪しい利用者を検知するATMも登場。振り込み型の詐欺は減少傾向にあるが、被害額は依然として年間70億円に上っており、AIの抑止力に注目が集まる。【柿崎誠、宮原健太】

 佐賀市の佐賀大学内にあるITベンチャー「オプティム」(本社・東京都)の佐賀本店。パソコンから警報音…

この記事は有料記事です。

残り1012文字(全文1248文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  2. 「スマホで錬金術」通信販売業者に業務停止命令 全国で7億円超の売り上げ

  3. 首相が演説で地方創生の成功例として紹介した男性、島根県外に転居していた

  4. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  5. 国民民主の両院議員総会 津村副代表がツイッターで自爆し紛糾

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです