メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旅するカモメ

ボーダーツーリズム 「B級観光地」の魅力 重要な「語り部」の役割

戦争の悲劇を伝える稚内市の「九人の乙女の碑」=ピクスタ提供

 ボーダーツーリズムの対象は主に辺境地域のため、行き先を聞いただけで誰もが「行きたい!」と思える観光地ではなく、特定の客層にとって魅力的な「B級観光地」と言えます。しかしそれは決して二流という意味ではありません。地方自治体の観光戦略立案などを手がける会社を経営する私は、「B級観光地プロデューサー」として「ボーダー」というテーマの奥深さや、その土地ならではの歴史や文化に胸が熱くなる思いをしてきました。

 沖縄・宮古島には日露戦争でロシアのバルチック艦隊通過を発見し大本営に通報するため荒れる海を石垣島ま…

この記事は有料記事です。

残り524文字(全文775文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  2. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  3. だんじり客に車突っ込み 酒気帯びで男逮捕 大阪・千早赤阪

  4. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

  5. 台風19号、ボランティア本格化「本当に助かります」福島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです