メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
藤原帰一の映画愛

家へ帰ろう ホロコースト生き残り 老人が命の恩人捜す旅

 アルゼンチンから届いた、ホロコーストを背景にした映画。この組み合わせ、ちょっと珍しいですね。

 仕立屋のアブラハムは、もう88歳。子どもや孫に囲まれていますが、機嫌が悪い。というのも、財産や自宅を子どもたちに譲ったところ、その子どもたちは家を売り払い、アブラハムを施設に入れようとしている。ちょっとした「リア王」状況ですね。

 施設に行きたくないアブラハムは、計画を立てます。1人の時間がほしいからなどといって家から家族を追い…

この記事は有料記事です。

残り1442文字(全文1654文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  3. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  4. 大久保製壜所 職場の安全求めスト 3人負傷事故巡り 200人が支援 /東京

  5. 宮下英樹さん、ゆうきまさみさんが北条早雲語る 小田原で9月、五百年忌記念イベント

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです