JR四国、2700系特急を来秋投入

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
2700系の外観イメージ=JR四国提供
2700系の外観イメージ=JR四国提供

2000系の後継「振子方式」再び採用

 JR四国は土讃、予讃、高徳の各線で使用している2000系特急型気動車の後継となる2700系を発表した。急カーブを高速で走行するため、2000系で約30年前に世界初採用された「振子方式」を引き続き採用するとともに、外国人客の増加を踏まえ、デッキに荷物置き場を設ける。来秋にも営業運転に投入する計画だ。【植松晃一】

 高松市の本社であった記者会見で半井真司社長が発表した。

この記事は有料記事です。

残り486文字(全文688文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集