メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

妊娠中風疹で娘に難聴 大阪の女性、ワクチン早期接種呼びかけ

風疹の予防接種を呼びかける大畑茂子さん=大阪府守口市で2018年11月26日、梅田麻衣子撮影

 風疹が猛威をふるう中、予防接種の大切さを広めようと奔走する女性がいる。大阪府守口市の大畑茂子さん(52)は妊娠中だった21年前に風疹にかかり、生まれた娘には難聴の障害が残った。「子供に被害が及ぶのは、声を上げてこなかった私たちの責任だ」。大畑さんは同じような母親らと家族会を発足させ、ワクチンの早期接種を呼びかけている。

 大畑さんは1997年8月、三女の花菜子さん(20)を妊娠して14週を迎えた頃に風疹にかかった。この…

この記事は有料記事です。

残り1107文字(全文1318文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  2. 立憲候補ポスター板ごと切り取り 陣営「あげたのに…」 兵庫県警捜査
  3. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
  4. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  5. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです