雑居ビルで爆発 42人負傷 ガス爆発の可能性も 札幌市

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 16日午後8時半ごろ、札幌市豊平区平岸3の8の飲食店や店舗が入居する2階建て雑居ビルで爆発が起きた。北海道警によるとビル1階の南端にある不動産仲介業の店舗と隣の飲食店部分が倒壊し、多くのけが人が出た。北海道警豊平署はガス爆発の可能性があるとみて調べている。

 道警豊平署などによると、店舗や飲食店部分が大きく壊れたほか、周辺の建物の窓ガラスが割れるなどし、42人が負傷して病院に搬送された。そのうち男性1人が重傷。市消防局が現場に取り残された人がいないか捜索している。

 同署などの調べでは、不動産仲介業の店舗には当時店長ら2人がおり病院に搬送された。飲食店をよく利用する人によると、店の1階はカウンターとテーブル席、2階は座敷になっており約60席ある。近隣住民によると、ビル裏側にはプロパンガスのボンベが設置されていたという。

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文651文字)

あわせて読みたい

注目の特集