メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外イチロー、第一線退く意向 球団に伝える
大阪北部地震

あす半年 残る爪痕、点々

ブルーシートで覆われた屋根が目立つ住宅街=大阪府高槻市で2018年12月16日、本社ヘリから山崎一輝撮影

 最大震度6弱を観測した大阪北部地震は18日で半年を迎える。被害が集中した大阪府高槻、茨木両市では、屋根がブルーシートに覆われ、外壁が崩れたままの家屋が今も数多く残る。工事業者の不足が主な理由だが、費用負担が困難な被災者の経済事情もあり、復旧は長期化の様相を見せている。【池田一生】

 「お金はないし、どうしようもない」。高槻市の70代男性は嘆く。地震で1人暮らしをする一戸建ての自宅の屋根や外壁にひびが入り、「一部損壊」と判定された。屋根は、地震直後にブルーシートを張ったままだ。

 収入は年金のみ。公的補助は工事が完了しないと支給されない。近所の家で工事費用が100万円以上かかっ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 第91回選抜高校野球 開会式で国歌独唱 幕張総合高3年・菅谷茉友さん意気込み /千葉
  2. 300キロ超大物クロマグロ 和歌山・那智勝浦
  3. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  4. 器物損壊 原爆ドーム前の慰霊碑に汚物? 広島中央署捜査 /広島
  5. 運転手足りない 見直し相次ぐ路線バス 沿線住民からは不安の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです