メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見上げてごらん

カッパの教え=永山悦子

 秋の初め、津軽へ行った。お目当ては「カッパ」。とはいっても「頭にお皿、背中に甲羅」のカッパを探しに行ったわけではない。カッパ伝説は全国にあり、多くは、いたずら好きな妖怪として語り継がれる。ところが、「津軽はちょっと違う」と元農水省職員の広瀬伸さん(63)に聞いたからだ。

 約20年前、広瀬さんは用水路やダムなど農業インフラ事業の担当者として青森県に赴任した。そこで、津軽のカッパが「水虎(すいこ)様」と呼ばれ、神様として祭られていることを知ったという。集落ごとにカッパ像などを入れたほこらがある。農業用水の確保に苦労した津軽平野には用水路が張り巡らされ、子どもの水の事故が絶えなかった。それで、水に縁の深いカッパを祭ることになったらしい。

 つがる市のカッパに「会える」という場所を訪れると、南に「津軽富士」と呼ばれる岩木山がそびえ、見渡す…

この記事は有料記事です。

残り575文字(全文945文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 植松被告、接見に「一人で裁判受けたい」 遺族調書は「悪口ベース」 相模原殺傷

  2. 相模原殺傷 植松被告の変貌ぶりに衝撃受ける友人らの証言紹介

  3. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  4. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  5. 大阪・箕面市がテレビ朝日に抗議 滝の水「トンネル掘ったら少なくなった」発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです