メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

映画「ボヘミアン・ラプソディ」記録的ヒット 苦悩するフレディに共感

映画「ボヘミアン・ラプソディ」でクイーンが「ライブエイド」に出演するシーン。マイクを握っているのがフレディ・マーキュリー役のラミ・マレック(C)2018 Twentieth Century Fox

 英国の人気バンド「クイーン」のボーカルだったフレディ・マーキュリー(1946~91年)の半生を描いた伝記映画「ボヘミアン・ラプソディ」が観客動員数を伸ばしている。サウンドトラックのCDや関連本も売れている。この記録的な大ヒット、背景には何があるのだろうか。【奥村隆】

 映画は10月以降73カ国で公開され、全世界の累計興行収入は約6億ドル(約678億円)に達している。11月9日に公開された日本では、1週目より2週目、3週目より4週目が観客が多いという異例の展開になり、動員数は公開5週目で累計320万人を超えた(興行通信社まとめ)。

 米ユニバーサルミュージックによると、映画のタイトルになった代表曲「ボヘミアン・ラプソディ」(75年…

この記事は有料記事です。

残り2610文字(全文2927文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  2. 夫「大切な2人失ってつらい」 池袋暴走、母娘の告別式 
  3. 白鵬の「三本締め」は何が問題なのか 横審の考え、相撲ファンの声
  4. マラソン・小出義雄氏が指導者勇退 高橋尚子さん、有森裕子さんら育てる
  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです