メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

映画「ボヘミアン・ラプソディ」記録的ヒット 苦悩するフレディに共感

映画「ボヘミアン・ラプソディ」でクイーンが「ライブエイド」に出演するシーン。マイクを握っているのがフレディ・マーキュリー役のラミ・マレック(C)2018 Twentieth Century Fox

 英国の人気バンド「クイーン」のボーカルだったフレディ・マーキュリー(1946~91年)の半生を描いた伝記映画「ボヘミアン・ラプソディ」が観客動員数を伸ばしている。サウンドトラックのCDや関連本も売れている。この記録的な大ヒット、背景には何があるのだろうか。【奥村隆】

 映画は10月以降73カ国で公開され、全世界の累計興行収入は約6億ドル(約678億円)に達している。11月9日に公開された日本では、1週目より2週目、3週目より4週目が観客が多いという異例の展開になり、動員数は公開5週目で累計320万人を超えた(興行通信社まとめ)。

 米ユニバーサルミュージックによると、映画のタイトルになった代表曲「ボヘミアン・ラプソディ」(75年…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 誤って高圧幹線を切断 大阪・高槻で病院など停電
  2. 飛び交う「ええかげんにせえや」 大阪都構想の法定協が大混乱
  3. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明
  4. SNSにも動画 背景に「カワウソブーム」 警視庁2容疑者逮捕
  5. 特集ワイド 「アベ政治ノー」訴え続ける 木内みどりさん 「言うべきこと」萎縮無用

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです