メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ルポ

織田作之助賞選考会 人間関係、作り方の妙 井上荒野さん、受賞作に称賛

織田作之助賞選考会で意見を交わす選考委員ら=大阪市北区の毎日新聞大阪本社で2018年12月6日、平川義之撮影

 井上荒野(あれの)さん(57)の『その話は今日はやめておきましょう』(毎日新聞出版)に決まった第35回織田作之助賞(同賞実行委員会=大阪市・大阪文学振興会・関西大学・パソナグループ・毎日新聞社=主催、一心寺・ルーブル書店協賛)。6日、大阪市北区の毎日新聞大阪本社で開かれた選考会の経緯を紹介する。【有本忠浩】

 対象作は昨年10月~今年9月に刊行された小説。候補になったのは他に、朝吹真理子さんの『TIMELE…

この記事は有料記事です。

残り1005文字(全文1210文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

  2. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  3. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  4. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  5. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです