メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ナマハゲ

衣装「ケデ」を準備 留学生も体験 男鹿 /秋田

 男鹿市船川港の増川町内で15日、住民らが大みそかのナマハゲ行事で使うわらの衣装「ケデ」を作った。同町内では10年以上前に行事が途絶えたが、今年の大みそかに復活する。この日は東北に暮らす留学生らもケデ編みを体験した。

 ケデは町内ごとに編み方などが異なり、落ちたわらを頭に巻くと無病息災の御利益があるなどとされる。…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  2. 西山さん「無罪判決もらえるよう、頑張る」 滋賀患者死亡・再審確定
  3. 除染土使用に反発「安全なら五輪に」 福島・常磐道の沿線住民
  4. 頼みのバッハ会長が水面下で「NO」突きつけ…JOC竹田会長は「詰んでいた」
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです