メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル平和賞

性暴力根絶ともに考え ムクウェゲ氏の記録映画上映 高岡 /富山

ムクウェゲ氏が来日した際の写真を映し出し、コンゴ民主共和国の問題を語る大平和希子代表(左)=富山県高岡市城東2の城東音楽院ホールで、鶴見泰寿撮影

 紛争下で性暴力の根絶に尽力するコンゴ民主共和国の産婦人科医、デニ・ムクウェゲ氏のノーベル平和賞受賞を記念し、同氏の活動を伝える上映会が16日、高岡市内で開かれた。スマートフォンに使われる鉱物資源の争奪を背景に、繰り広げられるという性暴力。主催団体は「スマホを使う私たちも無関係ではない」と訴えた。

 上映会などを通じて国際問題を考える市民団体「アクション・フォー・フューチャー・トヤマ」が主催する初イベント。大平和希子…

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文524文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
  2. 「巡査、強靱な体力で順調に回復」と府警本部長 拳銃強奪
  3. 新潟・山形地震 TSUNAMI聞き取れず 旅行中の米国人「パニックに」
  4. トイレットペーパーで性教育 漫画や絵で「正しい知識を」
  5. ムシに学んだ高精細印刷 インキ不要、安価に発色 京大グループ開発

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです