メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

丸型ポスト

「かばた」の高島・針江で返り咲き 住民の声に応え /滋賀

丸型ポストの復活を喜ぶ針江地区の住民=滋賀県高島市新旭町で、塚原和俊撮影

 高島市新旭町針江地区に、今では珍しくなった昔の丸型ポストがきれいに塗装されて再登場した。丸型ポストは記念物として街角に保存される例はあるが、針江では実際に郵便物を差し出せる現役に返り咲いた。

 集配を統括する堅田郵便局(大津市)が今夏、針江地区に設置されている角型ポストの更新を地元に伝えたところ、丸型を望む声が出た。堅田郵便局は3カ月かけて廃棄される丸型を探し出し、先月末に復活させた。

 針江地区は湧き水を生活に使う水場の「かばた」が多数残る。観光客が多くなって、住民は自治会とは別に「…

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文567文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  3. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです