子ども歌舞伎

但馬地方の小中生9人が熱演 立ち居振る舞いで400人魅了 養父 /兵庫

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
約400人の観衆を前に歌舞伎を熱演する子どもたち=兵庫県養父市関宮で、松田学撮影
約400人の観衆を前に歌舞伎を熱演する子どもたち=兵庫県養父市関宮で、松田学撮影

 養父市関宮のノビアホールで16日、「せきのみや子ども歌舞伎」(葛畑(かずらはた)農村歌舞伎伝承会主催)があった。公募で集まった但馬地方の小学3年から中学2年までの9人が地元に伝わる伝統芸能を熱演し、約400人の観衆を魅了した。【松田学】

 子ども歌舞伎は毎年この時期に上演しており、今年で16回目になる。伝承会の西村武会長(76)によると、同市の葛畑地区では、明治時代から農村歌舞伎が盛んに演じられていた。1934年ごろに一旦途絶えたが…

この記事は有料記事です。

残り328文字(全文546文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集