メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

古都駆ける

高校駅伝’18 県勢の顔/下 女子・大分東明 初の8位入賞狙う 走り込みで全体の走力向上 /大分

 「いま日本で一番勢いがあるチームかもしれない」。井上浩監督(56)は仕上がりに手応えを感じている。大分東明の女子駅伝部は全国大会で2015年26位、16年25位、17年14位と順調に順位を上げてきた。特に昨年は、前年のタイムを1分16秒縮める部史上最高となる1時間9分57秒でフィニッシュし、「ワンランク上がった」(井上監督)。そしてこの1年も成長を続けている。狙うは初の8位入賞だ。

 井上監督が就任し、陸上部から駅伝部女子として独立させたのは8年前。当初は、バレーボール部などから「助っ人」を借り、やっと県大会出場にこぎつけるほどだった。しかし、駅伝に特化した練習をし始めると、実力がぐんぐんと向上。部員は今でも全国大会の登録枠(8人)を少し超える程度だが、県大会優勝の常連校にまで成長した。

この記事は有料記事です。

残り519文字(全文867文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファンの存在の大きさを実感した1年 巨人・中川皓太投手

  2. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  3. 俳優・伊藤健太郎容疑者を釈放 任意で捜査へ

  4. 22歳孫の祖母介護殺人「これはあなた自身の問題」 江川紹子さんの読み解き方

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです