メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

光藤航哉さん=毎日甲子園ボウル優勝の関西学院大主将

光藤航哉さん=久保玲撮影

 150人を超える仲間を引っ張り、2年ぶりの栄冠に輝いた。「全員で勝ち取った日本一で、本当にうれしい」。攻撃の司令塔のクオーターバック(QB)で、負担が多いQBの主将兼務は極めて異例。関西学院大では1950年に毎日甲子園ボウル2連覇に輝き、後にコーチ・監督として同ボウル5回制覇の米田満さん(90)以来68年ぶりだ。「去年の甲子園で負けて悔しくて、日本一にチームを引っ張りたいと思って主将に立候補した」と振り返る。

 同志社大アメリカンフットボール部出身の父の影響で小学3年からフラッグフットボールを始め、京都・同志社国際高では左投げのQBとして国際アメフット連盟(IFAF)の世界代表に選ばれた。父の母校に進むつもりだったが、「小中高で一度も経験していない日本一になりたい」と関学大へ。前々回大会ではけがもあって試合に出られず、優勝を素直に喜べなかった。それだけに、今大会にかける思いは誰よりも強かった。

この記事は有料記事です。

残り268文字(全文670文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  3. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. 部活は?受験は?卒業式は? 子供も保護者も、不安の“つぶやき” 首相休校要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです