メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

COP24

’18ポーランド 「パリ協定」実施指針採択 交渉難航、背景に米 途上国に資金渋る

パリ協定の実施指針採択を祝うCOP24議長のクリティカ・ポーランド副環境相=ロイター

 国連気候変動枠組み条約第24回締約国会議(COP24)は、2020年以降の地球温暖化対策の国際的な枠組み「パリ協定」の実施指針(ルールブック)を採択し、16日閉幕した。パリ協定に基づく温室効果ガス削減の基盤は整ったが、米国の離脱表明の影響や温暖化対策を巡る締約国間の姿勢の違いで交渉は難航。パリ協定の目標達成に向けた課題も表面化した。

 パリ協定のルールブック作りが最後までもつれた背景には、地球温暖化対策に向けた途上国への資金支援を巡…

この記事は有料記事です。

残り2198文字(全文2416文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  2. ポルシェで時速200キロ 芦屋の医師を危険運転致死容疑で追送検
  3. 都公安委 吉沢ひとみ被告の免許取り消し
  4. 40年間以上無免許運転の男逮捕 「面倒くさくてお金もないので」と更新せず
  5. 大阪女児不明 友梨さんの父が手記公表「些細な情報でも」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです