メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞

平和賞ムラド氏、賞金でイラクに病院 性暴力治療へ

故郷で演説するノーベル平和賞受賞者のナディア・ムラド氏=イラク北部シンジャルで14日、ロイター

 【イスタンブール共同】今年のノーベル平和賞を受賞したイラク人女性ナディア・ムラド氏(25)が14日、故郷のイラク北部シンジャルを訪れ、過激派組織「イスラム国」(IS)の性暴力被害者らを治療する病院の建設に賞金を使う考えを明らかにした。ロイター通信が伝えた。

 ムラド氏はクルド民族少数派ヤジディー教徒で、自身もISに性奴隷とされた。受賞後、帰郷は初めて。クルドメディアなどによると、12日に首…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文490文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  2. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪
  3. 「古瀬がんばれ!!」五郎丸選手が佐賀工ラグビー部後輩の巡査に励ましメッセージ 交番襲撃
  4. 刺された古瀬巡査、高校時代はラガーマン 佐賀工ウイングで花園出場も 交番襲撃
  5. 大阪の警官襲撃・拳銃強奪 33歳男逮捕 防犯カメラ、8キロ追跡 山中、リュック枕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです