メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞

平和賞ムラド氏、賞金でイラクに病院 性暴力治療へ

故郷で演説するノーベル平和賞受賞者のナディア・ムラド氏=イラク北部シンジャルで14日、ロイター

 【イスタンブール共同】今年のノーベル平和賞を受賞したイラク人女性ナディア・ムラド氏(25)が14日、故郷のイラク北部シンジャルを訪れ、過激派組織「イスラム国」(IS)の性暴力被害者らを治療する病院の建設に賞金を使う考えを明らかにした。ロイター通信が伝えた。

 ムラド氏はクルド民族少数派ヤジディー教徒で、自身もISに性奴隷とされた。受賞後、帰郷は初めて。クルドメディアなどによると、12日に首…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文490文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  3. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  4. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  5. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです