メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリセナ・スリランカ大統領

「解任」首相、再び任命

 【ニューデリー松井聡】スリランカのシリセナ大統領は16日、10月に解任した親インド派のウィクラマシンハ氏を改めて首相に任命した。10月以降、解任を無効とするウィクラマシンハ氏と、同氏に代わり首相に任命された親中派のラジャパクサ前大統領が互いに首相は自分だと主張し合い、政治空白が続いていた。混乱は収束に向かうとみられるが、シリセナ氏とウィクラマシンハ氏の対立の行方は不透明だ。

 ウィクラマシンハ氏の首相任命は、シリセナ氏の議会解散と首相解任を違憲とする13日の最高裁判断と、15日のラジャパクサ氏の「首相辞任」を受けたもの。シリセナ氏は、ウィクラマシンハ氏を再任せざるを得ない状況に追い込まれた。

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文607文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 今夏の湘南、海水浴は難しそう 開場なしで「無秩序状態に」不安の声も

  3. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

  4. 東京都、緩和基準決定 「1日の新規感染者数20人未満」など3要件

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです