メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

100年カンパニーの知恵

帝国書院(東京都)/中 分かりやすさを継承

「帝国地図」と「帝国地理」の復刻版。「百年前の地図帳・教科書から読みとく大正時代の日本」(6264円)のタイトルで昨秋発行され、書店で購入できる

 <since 1917>

地図のある豊かな生活をすべての人へ

 帝国書院を創立する前、教科書類の執筆に専従していた守屋荒美雄(すさびお)は自ら出版したいとの思いに駆られ、1917(大正6)年、同社を創立した。その4年前に妻を亡くすまでは、執筆の傍ら妻への献身的な看病と子育てを続けたという。再婚後も執筆活動を続け、独立を決意した。

 教師から教科書執筆者、そして出版社経営者に転じた守屋。同社の鈴木啓之社長(63)は「教育に対する情…

この記事は有料記事です。

残り545文字(全文759文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風上陸翌日、自転車飲酒運転で警察から聴取→報告せず豪州出張 埼玉県の部長更迭

  2. 北大、脅迫メールで「金葉祭」中止を発表 イチョウ並木ライトアップのイベント

  3. アクセス 氷河期世代、40代後半定義外? 兵庫・宝塚市の支援対象に抗議相次ぐ

  4. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  5. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです