メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はたらくα

移りきたる民と/2 「金の卵」安全教育を徹底

横浜市の建設工事現場で仮設の足場を組み立てるベトナム人技能実習生のチュンさん=2018年12月3日、梅田啓祐撮影

 <くらしナビ・ライフスタイル>

 「おーい、そこ違うぞ」

 「あ、はい」

 「資材、持ってきて」

 「分かりました」

 ここはミナト・ヨコハマ。幕末から海外文化を受け入れて発展を遂げた波止場の近く、ベトナム・ホーチミンから来日したグエン・ズイ・チュンさん(34)の姿が建設工事現場にあった。「技能実習生」と袖に刺しゅうされた作業服を身につけ、工具を使って手際よく仮設の足場を組み立てていく。時折飛び交う日本人先輩の声。チュンさんを雇用する「橋爪建設」(横浜市、橋爪朝三社長)で安全部長を務める武藤聡さん(47)は「うちの者(チュンさん)は、人懐っこくて一生懸命」と目を細めた。

この記事は有料記事です。

残り1730文字(全文2014文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  2. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  3. バルーンフェスタ概要発表 カラフル気球、123機参加 第40回記念大会 来月31日~11月4日 /佐賀

  4. しまなみ海道サイクル道で画びょうばらまき、自転車31台パンク 愛媛・今治

  5. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです