メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

「紙刺しゅう」温かみ魅力

 紙に刺しゅう糸の温かみが加わる「紙刺しゅう」。刺しゅう作家の川畑杏奈さんは「紙刺しゅうは布のような難しいステッチはなく、簡単。子供も男性も、針と糸を持つきっかけにしてもらえたらうれしい」と話す。

 紙刺しゅうは、紙に書いた図案に、均等に穴を開け、刺しゅう糸を通した針を刺していき、模様を描く。画用紙はもちろん、メッセージカードやノートの表紙、写真にも刺すことができる。川畑さんが紙刺しゅうを知ったのは幼稚園教諭をしていた時。子供の自主性を重んじる「モンテッソーリ教育」を実践する幼稚園で女の子に人気だったのが紙刺しゅうだった。

 教材の紙刺しゅうは大きなイラストに沿って開けられた穴に、毛糸を針で通していくものだった。川畑さんは…

この記事は有料記事です。

残り780文字(全文1093文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 犬の頭上から猫が生えてきている? SNSで話題の“ひょっこりにゃん”写真が撮れた理由とは

  2. 植松被告接見一問一答(18~26回目)「死刑になるつもりはないです」「価値のある人間になりたいと思っていた」

  3. 桜を見る会 内閣府「論理破綻」の内幕と説明 名簿廃棄後も復元試みず

  4. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

  5. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです