メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

子どもの気持ち 手話で学ぶ「明晴学園」/5 高い壁壊したい

今春、明晴学園の中学部を卒業した生徒たち=明晴学園提供

 <kyoiku no mado>

 「ろう者の世界と聴者の世界との間にある一番高い壁は『情報保障』だと思う」。今春、明晴学園(東京都品川区)の中学部を卒業した大竹杏南さん(16)は、力強い手話で語り出した。千葉県内の県立高校に進学して8カ月余り。聴者が耳から得ている情報が自分には伝わってこないという現実に、ぶつかっている。

 幼稚部から中学部まで15年間、明晴学園に通った。日本手話が通じるろう者の世界から飛び出すことに不安…

この記事は有料記事です。

残り921文字(全文1133文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 低速で横断歩道に進入 ドライブレコーダーに運転手の叫び声も 神戸・バス事故
  3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  4. 岡村孝子さんが急性白血病公表「必ず戻る」 ツアー4公演は中止に
  5. 日本人の死傷者は5人に スリランカ同時爆破テロ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです