メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

子どもの気持ち 手話で学ぶ「明晴学園」/5 高い壁壊したい

今春、明晴学園の中学部を卒業した生徒たち=明晴学園提供

 <kyoiku no mado>

 「ろう者の世界と聴者の世界との間にある一番高い壁は『情報保障』だと思う」。今春、明晴学園(東京都品川区)の中学部を卒業した大竹杏南さん(16)は、力強い手話で語り出した。千葉県内の県立高校に進学して8カ月余り。聴者が耳から得ている情報が自分には伝わってこないという現実に、ぶつかっている。

 幼稚部から中学部まで15年間、明晴学園に通った。日本手話が通じるろう者の世界から飛び出すことに不安…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問なるほドリ 「カサンドラ症候群」って? 意図伝わらぬ障害の相手に苦悩 心身に不調=回答・野村房代
  2. 南アフリカ 航空機の車輪格納部から遺体 密入国か
  3. 世界の雑記帳 米ユナイテッド航空機内で子犬死ぬ、座席上の棚に収納指示され
  4. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです