メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

子どもの気持ち 手話で学ぶ「明晴学園」/5 高い壁壊したい

今春、明晴学園の中学部を卒業した生徒たち=明晴学園提供

 <kyoiku no mado>

 「ろう者の世界と聴者の世界との間にある一番高い壁は『情報保障』だと思う」。今春、明晴学園(東京都品川区)の中学部を卒業した大竹杏南さん(16)は、力強い手話で語り出した。千葉県内の県立高校に進学して8カ月余り。聴者が耳から得ている情報が自分には伝わってこないという現実に、ぶつかっている。

 幼稚部から中学部まで15年間、明晴学園に通った。日本手話が通じるろう者の世界から飛び出すことに不安はあったが、将来は世界中を飛び回り、いろんな国や文化を知りたいという夢があった。その一歩として、聴者の文化を経験しようと決めた。

この記事は有料記事です。

残り857文字(全文1133文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都内で新たに500人の感染確認 重症者は3人減の59人

  2. 香港の周庭氏に禁錮10月、初の実刑 黄氏は13月半 昨年警察包囲デモ

  3. 特集ワイド 国民・山尾議員、一躍「党の顔」 「永田町の常識」と決別、新たな野党像模索

  4. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  5. セガサミーがホンダを逆転 小野田、根岸が連続アーチ 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです