メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

子どもの気持ち 手話で学ぶ「明晴学園」/5 高い壁壊したい

今春、明晴学園の中学部を卒業した生徒たち=明晴学園提供

 <kyoiku no mado>

 「ろう者の世界と聴者の世界との間にある一番高い壁は『情報保障』だと思う」。今春、明晴学園(東京都品川区)の中学部を卒業した大竹杏南さん(16)は、力強い手話で語り出した。千葉県内の県立高校に進学して8カ月余り。聴者が耳から得ている情報が自分には伝わってこないという現実に、ぶつかっている。

 幼稚部から中学部まで15年間、明晴学園に通った。日本手話が通じるろう者の世界から飛び出すことに不安…

この記事は有料記事です。

残り921文字(全文1133文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

  3. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  4. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  5. 「サイレイヤ、サイリョウ!」2年ぶり鞍馬の火祭 夜空焦がす炎 京都

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです