メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

「カスタマーハラスメント」 悪質クレーム深刻化 「飲め、ブタ」「お前もヤケドしろ」 「社会疲弊し不寛容に」

カスハラの内訳は?/悪質なカスハラとは?

 <access>

 「カスハラ」が深刻だ。客(カスタマー)の悪質なクレームで従業員が苦しむ「カスタマーハラスメント」の略で、国の労働政策審議会(労政審)でも議論となった。背景は? 処方箋は?【宇多川はるか】

 「ブタ」「死ね」「ボケ」--。外食やタクシーなどサービス業に従事する約3万人を対象に産業別労組UAゼンセンが実施し、9月に公表した「カスハラ」アンケートで、7割がカスハラを経験していた。昨年も流通業関係約5万人にアンケートを実施し、両調査でカスハラ経験者約600人が精神疾患になっていたことが判明。深刻な実態が初めて浮き彫りとなった。

 「クレーマー」の起源は1999年、東芝ビデオデッキの修理を頼んだユーザーが不適切な対応を録音してネ…

この記事は有料記事です。

残り860文字(全文1181文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「吉本社長、田村さん会見したら全員クビと」 宮迫さん明かす
  2. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」
  3. 「親安倍」「反安倍」の人たちがののしり合い 騒乱の安倍首相「秋葉原演説」を見に行く
  4. 宮迫さん、田村さん会見詳報(3)「吉本、好きだった会社なのに変わってしまった」
  5. 宮迫さん、田村さん会見詳報(1)「反社会勢力なんて知り合いにおるわけない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです