メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

「カスタマーハラスメント」 悪質クレーム深刻化 「飲め、ブタ」「お前もヤケドしろ」 「社会疲弊し不寛容に」

カスハラの内訳は?/悪質なカスハラとは?

 <access>

 「カスハラ」が深刻だ。客(カスタマー)の悪質なクレームで従業員が苦しむ「カスタマーハラスメント」の略で、国の労働政策審議会(労政審)でも議論となった。背景は? 処方箋は?【宇多川はるか】

 「ブタ」「死ね」「ボケ」--。外食やタクシーなどサービス業に従事する約3万人を対象に産業別労組UAゼンセンが実施し、9月に公表した「カスハラ」アンケートで、7割がカスハラを経験していた。昨年も流通業関係約5万人にアンケートを実施し、両調査でカスハラ経験者約600人が精神疾患になっていたことが判明。深刻な実態が初めて浮き彫りとなった。

 「クレーマー」の起源は1999年、東芝ビデオデッキの修理を頼んだユーザーが不適切な対応を録音してネット上に公開し、同社を謝罪に追い込んだ一件とされる。その後も雪印乳業の集団食中毒など消費期限や産地の相次ぐ偽装などで企業不信が深まり、増加の一途をたどる。

この記事は有料記事です。

残り783文字(全文1181文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 潮流・深層 バイデン次期米大統領に立ちはだかる「穏やかな人たち」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです