メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

芥川・直木賞

古市さん、森見さんら 候補11人

古市憲寿さん

 日本文学振興会は第160回芥川・直木賞の候補作を発表した。両賞合わせ、11人中6人が初ノミネート。選考会は来年1月16日、東京都内で開かれる。

 芥川賞は4人が初候補。古市憲寿さんはテレビ出演など多方面で活躍している社会学者で、本格的に小説に挑んだ。高山羽根子さんは2010年にデビューし、「太陽の側の島」で林芙美子文学賞を受賞している。砂川文次さんと鴻池留衣さんは、16年にそ…

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文473文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. NYの看護師が死亡 防護服不足でごみ袋着用 新型コロナ

  5. 安倍首相「長期戦の覚悟を」「気を緩めれば急拡大」「現金給付行う」 新型コロナで記者会見

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです