メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2019年度一般会計予算案101.5兆円 消費税対策で大台突破

2019年度 国の一般会計予算案の概要

 政府は17日、2019年度予算案の一般会計総額を101.5兆円前後とする最終調整に入った。来年10月の消費税増税の経済対策が約2兆円に膨らむため、18年度当初より約3.8兆円増え、当初予算として初めて100兆円の大台を突破する。税収は過去最高の62.5兆円前後を見込み、国の新たな借金である新規国債発行額は9年連続で減らす。21日に閣議決定する。

 歳出では、キャッシュレス決済時のポイント還元制度やプレミアム付き商品券など、消費税増税対策に約2兆…

この記事は有料記事です。

残り457文字(全文681文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風上陸翌日、自転車飲酒運転で警察から聴取→報告せず豪州出張 埼玉県の部長更迭

  2. 北大、脅迫メールで「金葉祭」中止を発表 イチョウ並木ライトアップのイベント

  3. アクセス 氷河期世代、40代後半定義外? 兵庫・宝塚市の支援対象に抗議相次ぐ

  4. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  5. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです