メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日立が英の原発新設計画断念へ 採算面理由に

日立製作所の中西宏明会長=千代田区で12月17日、横山三加子撮影

 日立製作所の中西宏明会長は17日、会長を務める経団連の定例記者会見で、日立が英国中部で計画している原発新設について、採算性などを理由に継続が難しいと英政府に伝えたことを明らかにした。日立は今後、計画断念を視野に最終判断する。

 中西氏は会見で、現行計画について「経済的な見通しが厳しくなった」と述べた。英原発事業は中西氏が英国のメイ首相と直談判するなど交渉を主導してきたが、出資企業集めが難航するなど計画は暗礁に乗り上げていた。日本政府は原発をインフラ輸出の柱として後押ししてきたが、三菱重工業がトルコで進める原発新設計画も実現が困難になりつつあり、大幅な戦略変更を…

この記事は有料記事です。

残り426文字(全文709文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. ラグビーW杯観戦後、酔って警備員の顔殴った容疑 電通新聞局長を逮捕 容疑を否認

  5. 即位の儀の恩赦60万人規模に 対象限定「復権」のみ実施

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです