メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ベネズエラへの圧力を欧米諸国が強化 対ロシアの対立構図背景に

ベネズエラを巡る相関図

 【サンパウロ山本太一】独裁色を強める南米ベネズエラのマドゥロ政権に対し、民主主義の尊重を求めて欧米などが圧力を強めている。米政府は米国内法に基づくテロ支援国家指定を検討し、欧州連合(EU)は制裁の延長を決定した。一方、ベネズエラを支援するロシアは今月、核兵器搭載可能な爆撃機を合同軍事演習に派遣し、関係を強化。「欧米対ロシア」の対立構図が、ベネズエラを巡る問題にも持ち込まれている格好だ。

 「我々は国際紛争や戦争、クーデターを望んでいない」。マドゥロ大統領は12日、記者会見で根拠を示さず…

この記事は有料記事です。

残り1108文字(全文1353文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天然記念物のジュゴン1頭の死骸発見 沖縄
  2. 準強姦で起訴の男性会社役員に無罪判決 地裁久留米支部
  3. 盛岡の40代同性カップルがフォトウエディング 企画の団体「地方まだ理解進んでいない」
  4. 青森市議、今度は盗聴疑い 議員控室内をスマホで録音
  5. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです