メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ベネズエラへの圧力を欧米諸国が強化 対ロシアの対立構図背景に

ベネズエラを巡る相関図

 【サンパウロ山本太一】独裁色を強める南米ベネズエラのマドゥロ政権に対し、民主主義の尊重を求めて欧米などが圧力を強めている。米政府は米国内法に基づくテロ支援国家指定を検討し、欧州連合(EU)は制裁の延長を決定した。一方、ベネズエラを支援するロシアは今月、核兵器搭載可能な爆撃機を合同軍事演習に派遣し、関係を強化。「欧米対ロシア」の対立構図が、ベネズエラを巡る問題にも持ち込まれている格好だ。

 「我々は国際紛争や戦争、クーデターを望んでいない」。マドゥロ大統領は12日、記者会見で根拠を示さず…

この記事は有料記事です。

残り1108文字(全文1353文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  5. 28年ぶり クロネコとシロネコを一新 ヤマトHD100周年で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです