メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ファーウェイ製品の排斥広がる 中国政府反発、新たな火種に

 【北京・赤間清広】中国通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)の製品を締め出す動きが世界で拡大している。同社製通信機器を通じ情報が盗まれる恐れがあると訴えるトランプ米政権が関係国への働きかけを強めているためだ。中国政府は反発しており、世界経済の新たな火種になりつつある。

 米国は今年8月、「国防権限法」を作り、ファーウェイや中興通訊(ZTE)など中国通信機器メーカーの製品を政府機関が使うことを禁止した。両社の製品を通じて政府機関や軍の情報が中国当局に流れる危険性がある――というのが米国側の主張だ。

 米国は同盟国にも同様の対応を迫っており、オーストラリアがいち早く追随したほか、日本も政府や、重要イ…

この記事は有料記事です。

残り531文字(全文832文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大麻所持容疑でRIZEメンバー2人を逮捕 Dragon Ashでも活躍
  2. 京アニ社長「容疑者と面識なし」「建物取り壊す」 過去の作画、資料ほぼ全て焼損
  3. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  4. 長崎の五島と対馬に大雨特別警報「レベル5相当」 気象庁「緊急に避難を」
  5. 大雨警戒レベルを5段階に 危険度分かりやすく

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです