メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

擦り傷だらけの麻薬探知犬 新千歳空港でデビューへ

麻薬探知犬に合格したクリスティンと、ペアを組む税関職員の谷拓磨さん。クリスティンは鼻や目の周りの毛が抜けている=千葉県成田市で2018年12月6日午前11時56分、中村宰和撮影

 顔に皮膚病の跡が残り、飼い主が見つからなかったラブラドルレトリバーの「クリスティン」(雌、1歳)が東京税関麻薬探知犬訓練センター(千葉県成田市)で4カ月間の訓練を受けて合格した。好奇心旺盛で草むらややぶの中に何度も入って擦り傷だらけになり、細菌性の皮膚病を患ったクリスティン。その性格は麻薬探知犬に合っており、1月から北海道の新千歳空港などで麻薬の密輸防止の最前線に立つ。【中村宰和】

 新潟生まれのクリスティンは体重27キロで、皮膚病の影響で鼻や目の周りの毛が抜けている。ブリーダーが…

この記事は有料記事です。

残り824文字(全文1067文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
  2. 震源は「日本海東縁ひずみ集中帯」 逆断層型、繰り返し発生 新潟震度6強
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 日本海側、過去にもM7クラスの地震 津波で死者も 新潟震度6強
  5. 戦争の不条理 獄中の嘆き 元陸軍大尉が手記「勝者が敗者裁く」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです