メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安田賢治のここだけの話

国立大の共通テストの英語外部試験利用は先送り?

 大学入試改革によるセンター試験の後継となる共通テストに関し、各大学の入試要項がなかなか決まらない。特に英語の4技能(読む、聞く、書く、話す)のうち、今までのセンター試験で欠けていた「書く」と「話す」について、英語外部試験の成績を活用する。各試験の成績は、国際基準のCEFRによって6段階に分けられる。上位からC2、C1、B2……A1までだ。数ある外部試験だが、すでに入試に使える試験は決まっている。

     国立大学協会が発表したガイドラインによると、外部英語試験の活用法は二つだ。一つは出願資格。もう一つは加点だ。基準、点数などは各大学が定める。既に、いくつかの大学が公表している。東大はA2以上を出願資格とするが、外部試験を受けていなくても、調査書にA2以上の力があると記載されていればOKにする。ただ、それを証明する書類が必要なようだ。熊本大はA1以上を出願資格とし、学部によっては成績によって加点するとしている。これは外部試験を受けておけば、熊本大を受験できることに等しい。一方、センター試験に参加していない慶応義塾大は、共通テストも外部英語試験も、入試に使わないと発表した。

     高校1年生にとっては、3年生の4月から外部英語試験を受けることになるため、もう1年4カ月を切っている。早く決めてもらわないことには、目標も対策も立てようがない。3月末までに発表されるというが、一刻も早い発表が待たれる。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「中村屋」が中華まんミュージアムを25日に開館 全国初
    2. ザギトワ選手 再び「まどマギ」魔法少女まどかに メドベージェワ選手がほむらに “金銀コンビ”が日本CM初共演
    3. ORICON NEWS クロちゃん、脳動脈瘤の手術成功「健康を維持しなきゃいけないと思いました!」
    4. 埼玉で電車に飛び込み、男性が死亡 2人がホーム上で巻き込まれたか
    5. ローソンが「悪魔のパン」発売 「悪魔のトースト」も

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです