メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

セントリー・トーナメント・オブ・チャンピオンズ

めまぐるしく入れ替わった今年の世界王者。現行の世界ランキング制度は適切か(PGA Tour)

情報提供:PGA Tour

WEEKLY TOUR REPORT Vol.139

2018年はメジャーで勝利なしのローズの1位に「違和感」?

 米PGAツアーは、先日バハマで行なわれたタイガー・ウッズ(アメリカ)主催のヒーロー・ワールド・チャレンジ(非公式戦)をもって、年内の競技はすべて終了。10月にスタートした2018-2019シーズンの途中ながら、束の間の“オフシーズン”に入っている。

 さて、2018年のPGAツアーを振り返ってみると、最も大きな話題となったのは、やはり“タイガー・ウッズの復活勝利”だろう。プレーオフ最終戦のツアー選手権でツアー5年ぶりの優勝。ウッズの奮闘、そして最後に涙したウッズの姿に、世界中のファンが熱狂した。

 一方で、1年を通して興味深かったのは、世界ランキング1位の座に就いた選手の入れ替わりの激しさだ。今季はそれだけ、さまざまな選手が活躍したと言える。

 今年、世界ランキング1位になった選手は4人。ダスティン・ジョンソン(アメリカ)、ジャスティン・トーマス(アメリカ)、ジャスティン・ローズ(イングランド)、そして現在1位のブルックス・ケプカ(アメリカ)である。

 特に5月以降は、この4人によって1位の座が9度も入れ替わった。それほど僅差の争いが毎週繰り広げられていたわけだ。

 当初は、昨年から王座に君臨していたジョンソンが年明けのセントリートーナメントofチャンピオンズも制すなどして、圧倒的な強さを誇っていた。しかしその後、2月のホンダクラシックで優勝し、続くWGC(世界選手権シリーズ)メキシコ選手権で2位となったトーマスが躍進。5月のプレーヤーズ選手権を11位でフィニッシュしたあと、初めて1位の座を獲得した。

ジョンソンはすぐにトーマスから王座を奪還した Photo by Drew Hallowell/Getty Images

 ただ、トーマスの“天下”は短かった。ジョンソンが6月のフェデックス・セントジュードクラシックで約6カ月ぶりにツアー優勝を飾ると、陥落からおよそ1カ月でトップに返り咲いた。

 そのジョンソンから、次にトップの座を奪ったのは、ローズ。9月、プレーオフ第3戦のBMW選手権のあとだった。同大会ではキーガン・ブラドリー(アメリカ)とのプレーオフに敗れたものの、2週連続の2位となって初の世界1位の称号を手にした。

 そして、その2週後にはツアー選手権で3位となったジョンソンが再びトップの座を奪い返すも、10月に入って新シーズンが始まると、2018年に全米オープンと全米プロと2つのメジャーを制したケプカが、ザ・CJカップで優勝してついに世界一となった。

 以降、トップの座は週が変わるごとに、ケプカかローズの名に入れ替わっている。ふたりの争いがそれだけ熾烈、と考えることもできるが、ともにプレーしてなかった週に、どちらかが1位に返り咲くこともあって、最近では「ポイントシステムが不完全なのではないか」という批判の声も挙がっている。

 2017年の全米オープンでメジャー初優勝を飾ったケプカは、2018年も全米オープンを制して連覇を達成。さらに全米プロも勝って、メジャー大会で圧倒的な強さを披露してその活躍ぶりは際立っている。

 片や、ローズが光るのは“安定力”だ。2017-2018シーズンのPGAツアーでは、昨年10月のWGC HSBC選手権で幸先よく優勝したあとは、5月のフォートワース招待を勝っただけ。その分、ケプカほどのインパクトはないものの、ほぼ毎週のように優勝争いに加わって、2勝を含めてトップ10入りは11回を数える。それが、世界ランキング1位という成績につながっている。

ローズは安定した成績を残し続け、世界1位の座を掴み取った Photo by Stuart Franklin/Getty Images

 こうして、いずれも素晴らしい結果を残している。ともに世界ランキング1位にふさわしい存在ではあるが、やはりローズの結果には派手さが欠ける分、現状のシステムに異論を唱える者も少なくない。あるベテラン記者が言う。

「ローズは素晴らしいプレーを続けていたし、その強さは誰もが認めるところだ。だが、メジャー未勝利で世界ランキング1位、というのには違和感がある。ランキングについては、今のような週替わりではなく、たとえば月ごとの月間にしてはどうだろうか。あるいは、メジャー勝利のポイントをより多くするなど、改良すべきではないか」

 世界ランキングが初めてゴルフ界に導入されたのは、1986年のマスターズの週。このときは「ソニーランキング」という名称だった。それまで、IMGの創設者であるマーク・マコーマック(アメリカ)が独自に算出していたランキングを、「世界中のツアーから全英オープンへの出場を可能にするために」と、R&A(英国ゴルフ協会)が導入したのがきっかけだ。

 初代1位に就いたのは、ベルンハルト・ランガー(ドイツ)、2位はセベ・バレステロス(スペイン)。世界中で開催されているゴルフツアーがポイント対象となっており、そこにはもちろん日本ツアーも入っていて、中嶋常幸が初代ランキングの7位に入った。

 その後、ポイントの加算システムについては何度も変更されてきた。結果が反映される期間は、当初4年から3年、2年と短くなっていき、直近の成績がより高く評価されるようになる。さらに、強い選手(ランキングの上位選手)が多く出場している大会で上位に入ると、より高ポイントを獲得できるようになっていった。

PGAツアーの会長は柔軟な制度変更を示唆している Photo by Streeter Lecka/Getty Images

 そして、1996年から現行の直近2年間での成績が有効となり、今ではこの世界ランキングによって、マスターズをはじめとするメジャー大会や、WGCなどの出場資格が得られるようになっている。

「(世界ランキングは)決して完璧なシステムではない。ゆえにそのつど、いいと思われる方向に改良されている」

 そう語るのは、ジェイ・モナハンPGAツアー会長。今後も何かしら問題が浮上すれば、柔軟に対応して改良されていくことだろう。

 何はともあれ、現在の世界ランキングにおける僅差の争いは、2019年序盤も続いていくに違いない。そうして、いつかは誰かが抜きん出て、不動の王者として君臨する日が来るかもしれない。

 いずれにせよ、来年以降も王者争いは必見だ。それが、ファンにとって面白い争いであることを期待したい。


情報提供:PGA Tour

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  2. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 郵政副社長 NHKのかんぽ問題取材は「放送倫理違反」 参院予算委

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです