特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

チェック

しぼむサマータイム 異論続出、五輪マラソンも前倒し…

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京五輪・パラリンピックのマスコットを前に話す安倍晋三首相(右)と森喜朗元首相。森氏が首相にサマータイム導入を検討するよう要請していた=首相官邸で2018年8月7日、川田雅浩撮影
東京五輪・パラリンピックのマスコットを前に話す安倍晋三首相(右)と森喜朗元首相。森氏が首相にサマータイム導入を検討するよう要請していた=首相官邸で2018年8月7日、川田雅浩撮影

 夏の一時期に国内時間を早める「サマータイム制」導入が、今夏に取りざたされた。安倍晋三首相が検討を指示し、2020年東京五輪・パラリンピックに合わせた導入を目指したが、唐突な案に反対が続出。さらに議論の直接のきっかけになったマラソン競技は、開始時間を気温の低い早朝へ前倒しすることになった。過去に何度も浮上しては立ち消えになったサマータイムだが、またも熱が冷めつつある。【野間口陽】

 「何も五輪のためにやってくれ、と言ったんじゃない。これを契機に考えてほしい」。11月21日に開かれた自民党の研究会で、同会トップの河村建夫元官房長官は森喜朗元首相(大会組織委員会会長)のこの発言を紹介。サマータイム導入の機運がしぼむ中、党内に仕切り直しを呼びかけた。

この記事は有料記事です。

残り740文字(全文1065文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集