メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あした元気になあれ

先生の「働き方改革」=小国綾子

約3万2500人の署名を文科省に提出した後、教職員給与特別措置法の問題点を説明する教育学者たち=文部科学省で2018年12月4日、小国綾子撮影

 「師走」の漢字の読みを知ったばかりの小学生のころは、「学校の先生が走り回るほど忙しい月」という意味だと思っていた。語源は諸説あるものの、「師」は僧侶のことで、仏事の多い季節に僧侶が東奔西走するから「師馳す(しはす)」という説が有力だと知ったのは、大人になってからだ。

 今、日本の学校の先生は、師走に限らず一年中忙しい。小学教員の3割、中学教員の6割が「過労死ライン」とされる月平均80時間以上の時間外労働をしている。

 中央教育審議会特別部会は「月45時間」を上限とするガイドラインの答申案をまとめたが、時間外手当を原…

この記事は有料記事です。

残り687文字(全文946文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番で警官刺され拳銃奪われる 男が逃走 大阪・吹田市
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 暴言 女性教諭、児童に「ぶち殺す」 「アホ」「バカ」も
  4. 札幌女児衰弱死 猫13匹を母親宅で保護 交際相手宅でも8匹 ガリガリに痩せ数匹治療中 保護団体
  5. 暴言 支援学級担任が「色気付きやがって」 生徒不登校に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです