メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

著者のことば 澤野由明さん 「ジャズ好き」の歩み語る

澤野由明さん=須藤唯哉撮影

 ■澤野工房物語 澤野由明(さわの・よしあき)さん DU BOOKS・2700円

 大阪のシンボルタワー、通天閣がそびえ立つディープタウン「新世界」で100年以上続く老舗げた屋の店主が、良質な音楽CDを出し続けて20年が過ぎた。「hand-made JAZZ 澤野工房」のシールで知られるジャズレーベルだ。「聴いて心地よかったらええやんか」だけを追求してきた、その歩みが語り下ろしとして一冊にまとめられた。「本を出していいんだろうかと悩んだこともあったが、読んだ人からは『面白い』と言ってもらえたし、何より自分が生きてきた道が形となってうれしい」

 大学入学の祝い金で真空管アンプを手に入れ、ジャズに目覚めた。大学卒業後は家業を継いだが、ジャズへの情熱は冷めず、げた屋の売上金でレコードを買い続けた。やがて、フランス人女性と結婚して渡仏した弟の稔さんと一緒にレコードの輸出入や復刻版の制作などを始める。

この記事は有料記事です。

残り510文字(全文909文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナで変わる世界 <医療編 インタビュー②>大山加奈さん コロナ禍での不妊治療「不安だったが待っていられなかった」

  2. フォーカス 松下洸平 ドラマ「#リモラブ」青林風一役 恋がほぐす頑固な心

  3. ORICON NEWS 映画『コナン』来年4・16公開決定 高山みなみ「ワクワク感高めていきたい」 新プロジェクトも発表

  4. 不法残留の疑い ベトナム人3人逮捕 梨の窃盗事件で家宅捜索 埼玉県警

  5. 特集ワイド 国民・山尾議員、一躍「党の顔」 「永田町の常識」と決別、新たな野党像模索

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです