メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 2006年の「花よりもなほ」は是枝裕和監督による初の時代劇だ。馬場正男は、古い仲間の三輪良樹と美術管理として関わり、是枝や美術監督の磯見俊裕を驚かせた。

 仇(あだ)を探す浪人を中心とした人間喜劇。くぼ地の底に傾いて建つオンボロ長屋が、物語の舞台だ。是枝のセットのイメージは、黒澤明の「どん底」「どですかでん」、あるいは「ルネ・クレールとかの古いフランス映画の下町モノ」だったという。

 磯見は時代劇なら京都とロケ地を探したが、適地が見つからない。京都映画の撮影所で馬場らと出くわし、美…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  2. 2億円超記載漏れ「常軌を逸している」 維新との対決を評価する声も 堺市民の声
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 白鵬の「三本締め」は何が問題なのか 横審の考え、相撲ファンの声
  5. 幼稚園バスなど5台絡む多重事故で2人死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです