メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪北部地震

みなし仮設利用低調 82世帯のみ ニーズ見極め難しく

 最大震度6弱を観測した大阪北部地震で、公営や民間の賃貸住宅を借り上げて被災者に無償で貸し出す「みなし仮設住宅」を利用した大阪府内の被災者が高槻、茨木、枚方3市の計82世帯にとどまることが、府や自治体への取材で分かった。府内では5万棟以上の住宅被害の99%超が一部損壊で、自宅にとどまる被災者が多かったとみられる。広域災害で被災者のニーズを見極めて行う公的支援の難しさが改めて浮かんだ。

 府は6月18日の地震発生を受けて、同26日にみなし仮設を提供する方針を表明。府営や都市再生機構(U…

この記事は有料記事です。

残り463文字(全文707文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  4. GSOMIAは継続 韓国が日本に伝達 政府関係者明らかに

  5. 電車の英語アナウンス、実はあの人…NHK「英語であそぼ」出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです