メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

潜伏キリシタンの里 静かな人気 帚木蓬生さん「守教」の舞台 福岡・大刀洗町の今村天主堂

 福岡県大刀洗町今にある国指定重要文化財のカトリック教会「今村天主堂」が静かな人気を呼んでいる。同県小郡市出身の精神科医で作家の帚木蓬生(ははきぎほうせい)さん(71)が昨年9月に出版した小説「守教」(新潮社)の舞台となった潜伏キリシタンの里にあり、教会建築家の鉄川与助(1879~1976年)の傑作とされる。今も地元信者がミサに通う信仰の拠点で、帚木さんの熱心なファンらが見学に訪れている。【安部志帆子】

 「守教」は、キリスト教が伝来した戦国時代から禁教期の江戸時代を通じ、筑後平野の今村(現大刀洗町)で…

この記事は有料記事です。

残り685文字(全文938文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 逃走の男は顔見知りか

  4. 新潟女性殺害で25歳男を指名手配 刃物で突き刺した殺人の疑い 県警

  5. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです