メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日米合同防災訓練

原子力空母で放射能漏れ想定 横須賀 /神奈川

 米海軍横須賀基地配備の原子力空母ロナルド・レーガン(RR)で放射能漏れ事故が起きたとの想定で、横須賀市と国、米海軍は17日、日米合同防災訓練を行った。今年12回目で、計163人が参加した。

 訓練は、RR乗組員が推進機関のメンテナンス中、補助系統から流出した微量の放射性腐食物を含む高純度水が左手に付着したとの想定で始まった。

 原子力艦の放射能漏れ事故の可能性は極めて低いとする米国公式文書「原子力軍艦の安全性に関するファクト…

この記事は有料記事です。

残り372文字(全文585文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 堀江「相手が強くてかなわなかった」 ラグビーW杯 日本4強ならず

  4. 「日本はこれから強くなる」リーチ主将 ラグビーW杯 日本4強ならず

  5. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです