メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名張市消防本部

初の女性消防士、誕生 「相手の気持ち、考えたい」 本格的現場は来年から /三重

三重県名張市初の女性消防士として採用された中島優さん=同市で、広瀬晃子撮影

 名張市消防本部に初の女性消防士が誕生した。愛知県豊川市出身の中島優さん(24)。今年4月に採用され、県消防学校(鈴鹿市)での初任科教育を経て、今月10日に名張消防署救急室に配属された。女性消防士は県内で61人、伊賀市で5人いるが、名張市は中島さんが初めて。中島さんは「何でもできるように体力作りに励み、相手の気持ちを考えられる消防士になりたい」と目を輝かせる。【広瀬晃子】

 中島さんは幼少期から体が弱く、入退院を繰り返した経験から、人を助ける仕事に就こうと、当初は愛知県内…

この記事は有料記事です。

残り455文字(全文692文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  2. 五輪特需見込む スナック、キャバクラなど営業延長 警視庁検討

  3. DeNAの筒香、レイズ入りへ 2年総額で約1200万ドル

  4. 用水路の水、ぜんぶ抜こうとしたら…ブラックバス釣り人から抗議殺到 茨城・潮来

  5. テレ東「池の水ぜんぶ抜く」 東日本大震災での護岸崩壊も判明 茨城・潮来

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです